株式会社スリーケア  代表取締役 月田大三

x-2

プロフィール

身体機能を中心としたリハビリが特徴のデイサービス(通常規模36名定員)と、調理など日常の活動をリハビリにつなげるデイサービス(地域密着型18名定員)の2か所を、駿河区の八幡地区で運営しています。近くに大きくてきれいな「森下公園」があり、歩行訓練へ出かけることで、季節を感じることができます。
せっかく来て頂くのだから、入浴の待ち時間などにぼーっとならないように、テーブル上でできるリハビリ用具や、椅子に座った状態で安全に行えるリハビリ用具の開発を行っています。
現在は、他の施設でも使ってみたいという声を頂き納入させてもらった商品もあります。
「リハビリ」を中心に、一人ひとりにフィットしたデイサービス作りを今後も行っていきたいと考えています。

介護の世界に入ったきっかけ

足が不自由だった祖母を治したいという思いから、自然と介護の道に進みました。
大学で経営学を学んだ後、静岡医療学園専門学校に入学。
昼は先生の経営する接骨院で学びながら夜、学校へ。
何でも相談できる先生方に支えられ、資格取得の勉強はもちろん、医療人としての感覚も学生時代に学びました。
また、グループでの勉強会や先生方の指導のおかげで、卒業時には県柔道整復師会会長賞を受賞でき、大きな自信につながりました。
卒業後は、市内葵区の浜本整形外科で、外来リハビリと通所リハビリの勉強をさせて頂き、平成23年9月にリハビリを中心としたデイサービスを開業しました。

静岡の介護の特徴や問題、今後の課題

静岡の介護の特徴としては、全国展開するような大きな事業所よりも、地域密着の小さい事業所が多数あることが特徴ではないかと思います。
私共のような小さい事業所は、地域の実情に合わせた施設づくりしやすい一方、ケアの質について問題が出やすいと思います。
ケアの質を確保するためにも、職員を積極的に外部研修へ参加させること、常に他事業所と情報交換するなど努力が必要だと思います。

関連記事

  1. kondo

    株式会社ハートピア 代表取締役 近藤大貴

  2. x-2

    株式会社はなうた  代表取締役 望月恒彦

PAGE TOP